理事長からのメッセージ

日吉歯科はこれまで地域の皆さんのお口の健康を守るための歯科医療を実践してきましたが、その結果、むし歯のない(カリエスフリー)の子供たちがたくさん育ち、高齢になっても自分の歯で食事を楽しむことのできる方が多くなっていることを本当に嬉しく思います。

本来、歯科医療はお口の健康を維持させることで身体の健康につなげ、生活の質を向上するという目標を持っているものです。しかし、子供たちのたくさんのむし歯や大人の進行した歯周病などの現実を目の前にして、病気が生じた結果の修復や処置をすることが歯科医療だと長く考えられてきました。その結果、本来の歯科医療の目標はその陰に隠れ、見えにくくなっていたように思います。

日吉歯科診療所は、歯科医療を小さなお口の中だけのものととらえることなく、身体の健康を維持するための土台となる医療ととらえ、定期的なメインテナンスを継続することで、健康な人を健康のまま維持し、また、問題を抱えて来院された方には適切な治療を行った上で、得られた状態をできるだけ長期に維持するための診療システムを長きにわたり構築してきました。

私たちはこのような歯科医療システムをカリオロジー(むし歯についての学問)の先駆者であるボー・グラッセ先生(スウェーデン)の提唱した「メディカルトリートメントモデル(MTM)」と呼ばれる医療モデルとして整備し、具体的な成果をあげてきたことを誇りに思っています。

日吉歯科診療所では、健康を追求し、多くの皆さんの生活のクォリティーをさらに向上するために、これからも新しい歯科医療を展開していきたいと考えています。そのためにも、提供できる診療の枠組みをさらに広げ、一方ではより専門的な歯科医療も提供できるように診療所の総合力を高めて行こうと考えています。これからの日吉歯科診療所のさらなる取り組みにどうぞご期待ください。

医療法人社団 日吉歯科診療所
理事長 熊谷 崇

マルメ大学名誉博士号受賞記念式典の様子

授与された学位記・シルクハット・リング、式典の様子

1999年9月10日
スウェーデン・マルメ大学より名誉博士号を授与されました。
授与式の際の映像になっておりますので、ご覧いただければ幸いです。
熊谷 崇